Event is FINISHED

阿部 佳氏と考えるこれからの書店・神保町における創造的おもてなしとは 『おもてなしデザイン・パターン』出版記念トーク&実践ワークショップ

Description
2月末に刊行された『おもてなしデザイン・パターン インバウンド時代を生き抜くための「創造的おもてなし」の心得2 8』。その刊行記念イベントの第二弾が、神保町ブックセンターにて開催されます。
今回はイベント会場が位置する「神保町」のまちについて「創造的おもてなし」の観点から議論し、まちの魅力を参加者のみなさんとともに考えていきます。

また、書籍にもご協力いただいた、日本のホスピタリティ界の第一人者である阿部佳氏を特別ゲストにお迎えし、書店・神保町のおもてなしについて議論します。
自分たちが提供する場・物のみならず、地域・分野そのものの可能性を引き出しながら、自ら考え、動き、連携することで、ともに魅力をつくり、心に残る経験をプロデュースする。そんな「創造的おもてなし」の視点から神保町の未来を考える実践的なイベントです。

**書籍について**
これからのインバウンド時代には、控えめで慎ましい「待ちの姿勢」の伝統的な「おもてなし」に加え、お客様の満足を超えた称賛のために、ひとつでも多く提案しようとする「クリエイティブな姿勢」の「創造的おもてなし」が必要であるという考えのもと、その心得を28のパターンに分類し、紹介しているのが、本書『 おもてなしデザイン・パターン』です。
「創造的おもてなし」のポイントについて、パターン・ランゲージ (*)の研究者として世界的に活躍する井庭氏の協力を得て、UDS株式会社のホテル・飲食店舗の運営メンバーが日々実践しているおもてなしの実例を調査・分析し、28のパターンに分類してまとめています。


*パターン・ランゲージ:成功事例の共通パターンを言語化して共有する方法論。建築家クリストファー・アレグザンダーが1970年代に考案し、以後ソフトウェアデザインの分野、さらに教育や組織の分野にも展開して応用されている。


【ぜひご参加ください】
✓まちづくりで求められる「地域の受け入れ力」について知りたい
✓書店・神保町の未来の姿について考えたい
✓まちづくりにおいて「おもてなし」や「ホスピタリティ」が果たす役割の可能性を知りたい
✓インバウンドと地方創生を絡めた事業提案をしたい
✓パターン・ランゲージの方法論に興味があり、体験したい

【参加のメリット】
・サービス現場、インバウンド、観光業のリアルな事例を知ることができる
・神保町のまちを題材に、まちづくり・地域活性について実践的に学ぶことができる
・スピーカー、ゲスト、他の参加者とのゆるやかなつながりを得られる

【スピーカー】
阿部 佳(あべ けい)
(グランド ハイアット東京 コンシェルジュ / 明海大学 ホスピタリティ・ツーリズム総合研究所所長)

江草 貞治(えぐさ さだはる)
(株式会社有斐閣 代表取締役社長)

亀井 崇雄(かめい たかお)
(株式会社三省堂書店 専務取締役)

中川 敬文(なかがわ けいぶん)
(UDS株式会社 代表取締役 https://www.uds-net.co.jp)

【日程】
日時 : 2019年3月25日(月) 19:00~21:00(受付 18:45)
場所 : 神保町ブックセンター(千代田区神田神保町2-3-1 岩波書店アネックス1F)
料金 : 1,500円(税込)

【注意事項】
・キャンセルによる払い戻しはいたしかねます。
・受付の際にお名刺を頂戴いたします。
・イベント内容は予定と異なる場合がございます。
・書籍をご購入済みの方はイベントにご持参ください。当日会場にてご購入いただくことも可能です。

【お問合せ】
UDS株式会社 大谷、原澤
(Mail:k-harasawa@uds-net.co.jp、Tel:03-5413-3941)
Updates
  • タイトル は 阿部 佳氏と考えるこれからの書店・神保町における創造的おもてなしとは 『おもてなしデザイン・パターン』出版記念トーク&実践ワークショップ に変更されました。 Orig#418977 2019-03-17 03:21:44
More updates
Mon Mar 25, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
チケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
千代田区神田神保町2丁目3−1 岩波書店アネックス1F・2F・3F Japan
Organizer
神保町ブックセンター
884 Followers